FC2ブログ

    - 英語 英会話.com

    英語 英会話.com ホーム » 

    Reader's Digest English20を試してみた - LEVEL1 > STAGE3 > UNIT1

    今回は「リーダーズ・ダイジェスト English20」のLEVEL1 > STAGE3 > UNIT1 です。

    この回では、次のような会話がでてきました。
    So how's Matt?
    Amanda, I don't know.
    But you like him, right?
    Maybe, but he lives in New York.
    He is in London now. Who knows?
    Let's talk about something else.

    この会話中に使われている“Who knows?”は、「何ともいえないけど」「ひょっとしたら」という意味です。
    会話の流れをみてみると、Lizが「Mattが好きだけれども、彼は(遠く離れた)ニューヨークにいるの」と言ったのに対して、Amandaが「彼は(ここすなわち)ロンドンにいるわよ」といった後に、「何とも言えないけどね」とひやかしていることをほのめかしたわけです。これを受けてLizは、「別の話をしましょう」と答えたんですね。

    他にわからない表現がありましたら質問してくださいね。

    ↓ ためになる記事がたくさん!
    人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
    にほんブログ村

    Reader's Digest English20を試してみた - LEVEL1 > STAGE2 > UNIT10

    今回は「リーダーズ・ダイジェスト English20」のLEVEL1 > STAGE2 > UNIT10 です。

    「I guess you're right.」という表現が出てきました。

    すると、guessとsupposeとthinkの違いが気になりますね。
    この点については、「この記事」が正確に説明しています。
    ですので、上の文は、「(確たる証拠はないけれども)そうだと思う」という意味になります。

    また、このユニットの直後の CHECK PROGRESS6-10 の最後に、「You know what?」という表現がでてきます。
    この意味については、「この記事」を参考にしてください。

    他にわからない表現がありましたら質問してくださいね。

    ↓ ためになる記事がたくさん!
    人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
    にほんブログ村

    Reader's Digest English20を試してみた - LEVEL1 > STAGE2 > UNIT5

    今回は「リーダーズ・ダイジェスト English20」のLEVEL1 > STAGE2 > UNIT5 です。

    「It's nice to get away.」という表現が出てきました。

    get away は、逃げる・離れるという意味のほかに、(気晴らしに)出かける、という意味にも使われます。
    ですので、この文は、「日常生活から離れて出かけるのは素晴らしいわ」という意味になります。

    他にわからない表現がありましたら質問してくださいね。

    ↓ ためになる記事がたくさん!
    人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
    にほんブログ村

    Reader's Digest English20を試してみた - LEVEL1 > STAGE2 > UNIT4

    今回は「リーダーズ・ダイジェスト English20」のLEVEL1 > STAGE2 > UNIT4 です。

    Off to somewhere romantic?」という表現が出てきました。

    [be] off to〜は、〜へ出かける、出発する、という表現です。
    ですので、この文の意味は、「どこかにデートに行くの?」という意味になります。

    他にわからない表現がありましたら質問してくださいね。

    ↓ ためになる記事がたくさん!
    人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
    にほんブログ村

    die of と die from

    今回は、次の3つをまとめて理解しましょう。

    1. made of と made form
    2. die of と die form
    3. free of と free form

    of は「構成要素」、from は「距離を感じさせるときの起点」を意味します。
    ですので、それぞれ下記のような意味で使われます。

    1.made of + 見たまんま(材料)
      made from + 見ただけじゃわからない(原料)

    2.die of + 直接の死因
      die from + ほかにも原因が絡むこともある

    3. free of + 本来あるものがない
      free from + イヤなものから遠ざかる

    ただ、本場の外国人もごちゃごちゃになることがあるで、そんなに気にするほどもありませんが。

     
    ↓ ためになる記事がたくさん!
    人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
    にほんブログ村