FC2ブログ

    5-5.イコールの関係を含む文 - 英語 英会話.com

    英語 英会話.com ホーム »  » 5.文の種類・受け身の文 » 5-5.イコールの関係を含む文

    5-5.イコールの関係を含む文

     英文には、文中にイコールの関係があるパターンが2通りある。
     下の例文を見てほしい。

     例文36 You look angry.
         あなたは怒っているようですね。
     例文37 The news made me happy.
         そのニュースを聞いて喜んだ。

    (1)五感を表す動詞で人の様子を伝える
     You are angry.(あなたは怒っている)というbe動詞の文を
     脚色したものが例文36だ。見た目、怒っている様子がわかる。

     顔が見えなくても、相手が電話の向こうで声を荒げているよう
     な場面であれば、You sound angry. となる。

     このように、五感を表す動詞(look / sound / taste /
     feel / smell)を使って、人の様子を表現することができる。

     ただし、後ろに続く形によって使い分けが必要だ。

      A)You look sad.
      B)You are like your father.
      C)You look like your father.

     Aの文の文のように後ろに形容詞が続く場合と異なり、Bと
     Cの文のように後ろに名詞がくる場合には like を伴う。
     Bの文は全体的に似ているという意味なのに対して、Cの文
     は見た目が似ているという意味だ。

     ちなみに、相手の言ったことに対して、Your ideas sound crazy.
    (あなたの言っていることはばかげている)とか、That sounds like
     a good idea.(いい案だね)」と論評することもできる。


    (2)目的語の状態を説明する文

     例文36は動詞を挟んで両側がイコールの関係になる。これに対して
     例文37は目的語(me)とその直後の語句(happy)がイコールの
     関係になる。このようにして、目的語の状態を説明することができ
     る文をほかにも紹介しよう。
      
     ・Everybody calls him “Daisuke.”(目的語を~と呼ぶ)
     ・I found my wallet missing.(目的語が~と気付く)
     ・We have to keep our classroom clean. (目的語を~に保つ)
     ・Don't leave the door open.(目的語を~の状態にしておく)


    ↓ ためになる記事がたくさん!
    人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
    にほんブログ村


    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    http://eigodekaiwa.blog.fc2.com/tb.php/33-cfdfe4e9