FC2ブログ

    1-11.冠詞の使い分け - 英語 英会話.com

    英語 英会話.com ホーム »  » 1.現在形と現在進行形 » 1-11.冠詞の使い分け

    1-11.冠詞の使い分け

     旧情報と新情報の区別が問題となる場面に、a(an) と the がある。
     これらの冠詞の使い方についておさらいをしておこう。

    冠詞

    (1)基本的な冠詞の使い分け

     名詞の性質を図にあてはめると、基本的な使い分けができる。具体的
     にみてみよう。
       
      A)I don’t like a movie.
      B)I don’t like the movie.
      C)I don’t like movies.

     Aの文は「嫌いな映画がある」という意味で、どの映画かは相手には
     まだ分かっていない。これに対してBの文では、私が嫌っている映画
     がどの映画かを了解している。Cの文のように複数形にすると、「映
     画というものが好きだ」という一般的な話になる。

     なお、the には、「話し手同士の了解を示すはたらき」のほかに、
     「区別する機能」がある。例えば、朝昼晩や単位には the がつく。
     この the は「あれでなくてこれ」という意味だ。

      D)I get up early in the morning.
      E)They sell eggs by the dozen.

    (2)本来数えられない名詞に a(an) がつく場合

     本来数えられない名詞(不可算名詞)に a(an) がつく場合がある。
     不可算名詞とは、カタチのないモノの名前やモノの価値を表す名詞
     である。「昼食をとる」と言う場合は have lunch というように
     冠詞はつかない。カタチがないからである。

     しかし、lunch に形容詞がつくと a(an) がつく。

      F)I had a delicious lunch today.(今日、おいしい昼食を食べた) 

     a(an) は「同じものがたくさんある中の1つ」という意味だが、
     これが本 来カタチのない不可算名詞にも及んだのだ。

     さらに、“a(an)”には「ひとまとまり」を表すことがある。

      G)I has a cold.(風邪をひいている)
      H)Let’s go for a walk.(散歩に行こう)

     Gの文で“cold”(風邪)は数えられない名詞だ。それなのに a が
     いているのは奇妙な感じがする。
     しかしこの a は、発熱、悪寒、鼻水などの症状をひとまとまりにした
     「風邪」を表している。同じような表現に go to a job というもの
     がある。これは「もろもろの仕事があるからやってくるね」という
     意味だ。
     Hの文の場合も、一定時間をひとまとまりにしているので、a がつい
     ている。

    (3)名詞のもつ「機能」に重点がある表現

      I)He went to school just now.
      J)He went to the school just now.

     Iの文はでは school には the がついておらず、この場合、彼は
     学校へ勉強をしに行った、という意味になる。つまり、学校の機能に
     注目しているために冠詞がつかないのである。

     これに対してJの文は、学校という「建物」に行ったという意味だ。
     同じような例に、by train(電車で)とか、go to bed、
     play guitar などがある。


    ↓ ためになる記事がたくさん!
    人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
    にほんブログ村

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    http://eigodekaiwa.blog.fc2.com/tb.php/14-b6c6c057