FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9-3.比較の応用表現

比較の応用表現をみていこう。

 例文101 I don’t have more than 30 minutes.(=at most)
     30分より多くの時間はない(30分以内ならいいよ)。
 例文102 I don’t have less than 30 minutes.(=at least)
     30分より少ない時間はない(30分以上いいよ)。
 例文103 I have no more than 30 minutes.(=only)
     せいぜい30分しかない。
 例文104 I have no lessthan 30 minutes.
     30分くらいならある。
 例文105 Your room is cleaner than his.
     あなたの部屋は彼の部屋よりきれいだ。
 例文106 Your room isn’t cleaner than his.
     あなたの部屋は彼の部屋よりきれいでない。
 例文107 Your room is no cleaner than his.
     あなたの部屋は彼の部屋なみにきれいでない。
 例文108 A whale is no more a fish than a horse is(a fish).
     クジラが魚でないのは、馬が魚でないのと同じだ。
 例文109 A whale is no less a mammal than a horse is(a mammal).
     クジラが哺乳類であるのは、馬が哺乳類であるのと同じだ。
 例文110 The pirce of the dress was less expensive than I thought.
     その服の値段は思っていたより高くはなかった。
 例文111 She looks more tired than usual.
     彼女はいつもより疲れているようだ。
 例文112 Ice cream is to me what cigarettes and alcohol are to humans.
     私にとってのアイスクリームは、人間にとってのタバコや酒みたいなものだ。
 例文113 Which do you like better, coffee or tea?
      - I like tea better than coffee.
      Which do you prefer, coffee or tea?
      - I prefer tea to coffee.
      コーヒーと紅茶のどちらが好きですか。-紅茶です。
 例文114 She has the same watch as mine.
     彼女は私と同じ時計を持っている。


(1)“not more/less than”と“no more/less than”

 例文101と102は“not more/less than”の文だ。この文の”not”は文全体を
 否定する。つまり、手持ち時間が30分より多くない(少なくない)という意味
 だ。
 だから、例文101では手持ちの時間が20分かもしれないし、10分かもしれない。
 例文102では手持ちの時間が40分かもしれないし、それ以上あるかもしれない。

 これに対して、例文103と104は“no more/less than”の文だ。この no は直
 後の“more/less”を否定するので、結局は多くもなく少なくもない、つまりイ
 コールになる。どちらの例文も手持ち時間は30分になる。


(2)no 比較級 than~

 例文106は、例文105の否定文だ。だから両者の意味は逆になる。

 これに対して、例文107の no は直後の“cleaner”を否定している。
 「~よりきれいでない」という意味だ。そこで基準となるのが、
 “than ~”の部分、つまり「彼の部屋」だ。
 この場合、彼の部屋が引き合いに出されているのは、彼の部屋が汚いからだ。
 結局、どちらの部屋も汚いのだ。

 従って、例文107の意味は、「彼の部屋」も「あなたの部屋」も同様に汚い
 ということだ。


(3)クジラの法則

 例文108と109は「クジラの法則」と呼ばれるものだ。

   A)A whale is no more a fish than a horse is(a fish).
   B)A whale is no less a mammal than a horse is(a mammal).

   C)She is no more beautiful than her mother.
   D)She is no less beautiful than her mother.

 A~Dの文はいずれも“no+比較級”なので、意味は「イコール」。しかし、
 ニュアンスは違う。
 Aの文(例文108)では、「no(否定)+more(肯定)」で、否定的な
 ニュアンスになるが、(例文109)は「no(否定)+less(否定)」で
 肯定的なニュアンスになる。

 従って、Cの文が「彼女が美しくないのは、彼女のお母さんが美しくないの
 と同じだ」という意味(例文107と同じ構造)であるのに対して、Dの文は
 「彼女が美しいのは、彼女のお母さんが美しいのと同じだ」という意味になる
 のだ。


(4)比較を使った慣用表現

 例文110~113はよく使われる表現だ。例文110では、I think の代わりに
 I expected も使われる。
 例文112は、「A is to B what C is to D」という構造になっている。
 例文113はどちらの表現もよく使われる。

 例文114は語順に注意しよう。なお same は次のような使い方もされる。
  
   E)“Have a good holiday.” ― “The same to you.” 
      よい休暇を。― 君もね。

♪独学でやるTOEIC対策法はコチラ


  

↓ ためになる記事がたくさん!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

9-2.基本的な比較の文と冠詞のつけ方

 基本的な比較の文と冠詞のつけ方を確認しよう。

 例文92 He is taller than I (am). be動詞の後の形容詞
     彼は私より背が高い。
 例文93 saw a taller boy than he. 名詞の前の形容詞
     私は彼より背が高い少年に会った。
 例文94 He is the taller (boy) of the two. 名詞の前の形容詞
     彼は2人の中で背が高い方だ。
 例文95 He runs faster than I. 副詞
     彼は私より早く走る。
 例文96 His height is tallest of all the boys. be動詞の後の形容詞
     彼の身長はすべての少年の中で一番高い。
 例文97 He is the tallest (boy) in our class. 名詞の前の形容詞
     彼は私たちのクラスの中で一番背が高い
 例文98 He runs (the) fastest of all in our class.  副詞の形容詞
     彼は私たちのクラスの中で、一番速く走る。
 例文99 He is as tall as I (am).  形容詞
     彼は私と同じ身長だ。
 例文100 He runs as fast as I. 副詞
     彼は私と同じ速さで走る。


(1)基本的な比較の文の注意点

 基本的な比較の文の作り方は例文92~100の通りだ。注意点は3つ。

 まず、than と as の後の代名詞は「主格」になる。me ではなく I が、
 him(目的格)ではなく he(主格)、her ではなく she がくる。

 次に、最上級や比較級の文で使う「~の中で」という場合、後ろに all や
 数が続く場合は of(例文94・96)、それ以外は in を使う(例文97・
 98)。

 3つ目の注意点。比較級を強調したいときは、very ではなく、much や
 many や a lot を使う。very は「まさに」という意味なのに対して、
 much や many や a lot は「量の差」を表すからだ。

 例えば例文92で、「彼は私よりはるかに背が高い」と言いたいときは、次
 のAのように表現する。

   A)He is much taller than I .
   B)He paid much more money than I.
   C)He has many more shoes than I.

 BとCの文のように、「more+名詞」を強調したいときは、数えられない
 名詞のときは much、数えられる名詞のときは many を用いる。


(2)冠詞の問題1-形容詞を使う比較の場合

 学生時代には「最上級を使った文には the をつける」と習ったはずだ。
しかし、それはもう忘れて欲しい。形容詞を使う比較の文では、最上級
 であろうと比較級であろうと、「後ろに名詞がくる」、あるいは
 「the+形容詞 で名詞的な意味になる※注場合」に、冠詞がつくのだ
(例文93、94、97)。
  
※注 例えば、the ideas of the young で「子どもの考え」の意味である。


 反対に、be動詞の後にくる形容詞の比較の文の場合には冠詞はつけない
 (例文92、96)。冠詞をつけるとおかしくなることを確認するために、
 例文91の形容詞の後に boy を入れてみよう。

 (×)His height is the tallest boy of all the boys. 

 すると、この文の意味は「彼の身長は背の高い少年だ」となり、主語と述語
 が対応しておらず、明らかにおかしい。だから、例文96のように、be動詞の
 後にくる形容詞の比較の文の場合には、形容詞の後に名詞はない、したがって
 また the もつかないのだ。

(3)冠詞の問題2-副詞を使う比較の場合

 名詞を修飾するものが形容詞と呼ばれるのに対して、動詞等を修飾するもの
 が「副詞」と呼ばれる。副詞は名詞を修飾しないので、副詞を使った比較の
 文では the がつかないのが原則だ。

 しかし、だ。実際には、例文98のように、副詞を使った比較の文に the が
 つくことも多い。では文法的にどうかといえば、副詞の最上級に the を
 つける文も正しい文である。

 なぜなら、この場合の the は、名詞の前につく「冠詞」ではなく、副詞を
 強調する「副詞」だからである。最上級だけでなく、比較級でも次のように
 the がつく場合もある。

  (○)I like him the better for his kindness.
     (彼は優しいから、ますます好きだ)

♪独学でやるTOEIC対策法はコチラ


  

↓ ためになる記事がたくさん!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村


9-1.比較級・最上級のつくり方

 「ここからは東京駅の方が近い」とか「彼の背が一番高い」などと、比較す
 ることがあるが、そのとき登場するのが、比較級や最上級だ。比較級は「より
 ~」と言いたいときに、最上級は「一番~」と言いたいときに使う。

 まずは、比較級、最上級の作り方からおさらいしよう。比較級、最上級のつ
 くりかたには、規則的な変化と不規則的な変化がある。


(1)規則的な変化

 規則的な変化のルールには、語尾に“er”(比較級)・“est”(最上級)を付
 ける、あるいは単語の前に“more”(比較級)・“most”(最上級)をつける、
 の2つがある。どちらにするかは単語によって、次のように使い分ける。

 [-er、-estをつけるもの]

 1. ふつうの場合:語尾にそのまま-er、-estをつける
 
 2. 語尾が-eの場合:eを取って-er、-estをつける
  (例)wide-wider-widest, fine-finer-finest

 3.語尾が「短母音+単子音字」の場合:最後の子音字を重ねて-er、-est
   をつける
  (例)big-bigger-biggest, hot-hotter-hottest

 4. 語尾が「子音字+y」の場合:yをiにかえて-er、-estをつける
  (例)pretty-prettier-prettiest、 early-earlier-earliest

 [more、mostをつけるもの]
  語尾が-ful,-ive,-ing,-able,-ous,-lessなどの2音節語および3音節以上の語の場合
  (例) useful-more useful-most useful
      famous-more famous-most famous
      difficult-more difficult-most difficult

(2)不規則な変化

 不規則的な変化をする単語には次のようなものがある。
  ● good・well-better-best
  ● bad・ill-worse-worst
  ● many・much-more-most
  ● little-less-least
  ● late [時を表す場合]-later-latest
  ● late [順序を表す場合]-latter-last
  ● far [距離を表す場合]-farther-farthest
  ● far [程度を表す場合や「さらに」※注を意味する場合]
   -further-furthest
   ※注 次のように使われる。
    Do you have any further questions?(さらに質問はありますか?)

♪独学でやるTOEIC対策法はコチラ


  

↓ ためになる記事がたくさん!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。